ヘアメイクの資格を取る【美容専門学校で必要な知識とスキルを学ぶ】

2年以上専門学校に通う

女性

ヘアメイクアーティストを目指そうとするのであれば、まずは法に従って美容師の国家資格を取得しなければ働くことは出来ません。立派なヘアメイクアーティストになるため、専門学校に通ってスキルを身につける必要があります。

詳しく見る

美容関係の仕事に就くなら

口元

ヘアメイクアップアーティストになるための必須の資格はないものの、専門学校ではヘアメイクや色彩、着付けなどの資格取得をサポートしてくれることが多いです。将来就きたい職業に必要かどうかを考え、どの資格を取得するのか、学校ではどんな種類のものが取得できるのかを調べておくことが大切です。

詳しく見る

高校生から社会人まで

ヘアスタイリング

ヘアメイクアップアーティストになりたい場合、美容師の国家資格と民間の検定に合格を目指して専門学校や美容スクールで学ぶのが基本です。入学のためには書類選考や面接、小論文などがありますので、学校選びとともに面接対策や小論文対策をして準備しておきましょう。

詳しく見る

国内外で活躍するために

カラーパレット

ヘアメイクの資格を取得した後で海外に留学をしてもっと腕を磨きたいという人が今増えています。資格を取得したという事は基礎と応用の両方ができるという事です。両方できる事で海外留学をした時に様々な事を吸収しやすくなります。

詳しく見る

美容業界で働く

LOVE

ヘアメイクの資格や検定の中で、有名なのが、美容師免許、JMA日本メイクアップ技術検定、パーソナル検定、着物の着付けに関する検定の四つです。就職先を考えた上で、どの資格を取得する事が最適なのか、考えると良いです。

詳しく見る

メイクのプロになる

コスメ

美容専門学校で学ぶ

グラビア等のメディアやファッションショーなどに出演するモデル、タレントのヘアメイクを行うのが、メイクアップアーティストの仕事です。また、結婚式やサロンで一般の人にヘアメイクを行うのも、メイクアップアーティストです。対象者をより美しく華やかに見せるメイクアップアーティストは、女性のあこがれの仕事の一つと言われています。メイクアップアーティストになるための一番近い道は、美容専門学校で必要な知識とスキルを学ぶことでしょう。美容専門学校では、ヘアメイクを基礎から学び、老若男女を問わず幅広く対応できるスキルを習得していきます。また、美容専門学校の講師は、現在メイクアップアーティストとして一線で活躍している人が多く、そのため最新でなおかつスキルの高いヘアメイクを学ぶことができるのも、大きな特徴の一つです。美容専門学校は全日制で2年間学ぶものの他に、仕事を持つ社会人等のための夜間部や土日や休日に集中講義を行うコースなど、ライフスタイルに合わせて選択できます。また、美容専門学校には様々なコースが用意されています。メイクアップアーティストを目指す場合は、メイク専門コースや美容師を目指すコース等が対象です。なお、メイクアップアーティストになるために資格は必要ないとされます。ただし、就職や収入面での有利になることから、国家資格である美容師免許を取得するのがおすすめです。メイクアップアーティストという名前から、メイクに重きが置かれている印象がありますが、日本の場合この仕事はヘアスタイリングとメイクアップは同等に行います。そのため国家資格である美容師免許を取得すると、顧客から仕事の信頼性が高くなるといったメリットがあるのです。このようなことから、美容専門学校では国家資格の試験対策に力を入れている美容師コースの人気が高くなっています。

Copyright© 2018 ヘアメイクの資格を取る【美容専門学校で必要な知識とスキルを学ぶ】 All Rights Reserved.