ヘアメイクの資格を取る【美容専門学校で必要な知識とスキルを学ぶ】

高校生から社会人まで

ヘアスタイリング

美容のプロになろう

ヘアメイクの仕事に就きたい場合、まず取得しておきたいのが美容師資格です。美容師の資格は国家資格であるため、専門学校や美容スクールで専門知識と実践的な技術を学び、試験対策なども経て国家試験を受験し合格する必要があります。専門学校や美容スクールでは美容師になるためのカリキュラムや指導とともに、専攻やコースに応じてヘアセットやメイクなどのノウハウや技術も学べます。ヘアメイクについては国家試験はありませんが、ヘアメイクアップアーティストとして活躍したい方に向けて民間の検定試験や技能試験が用意されています。専門学校の中には高卒資格がとれるところもあり、美容師になるための学歴を取得することもできます。中学校卒業以上の資格をお持ちの方が入学の募集要項に合わせた時期に申し込みをし、選考を経て入学ができます。専門学校や美容スクールの選考は学科試験であるケースは少なく、多くが書類選考と面接、小論文といったところです。小論文はテーマが異なりますが、よくあるのが美容師やヘアメイクアップアーティストを目指す志望動機であったり、将来像などについて自分の考えをまとめるといった形式が多くなります。入試や選考に向けての準備や対策としては、まずは希望のコースがあり、学びたい技術が得られ、設備や環境が整っているところで、通いやすく費用面でも問題なく通えるところを選定しましょう。その後、面接対策や小論文対策をしておくと安心できます。

Copyright© 2018 ヘアメイクの資格を取る【美容専門学校で必要な知識とスキルを学ぶ】 All Rights Reserved.